海の恵

0
    春が来たと思ったら強風に豪雨だなんて・・・
    すっきりしない天気とはまさに今日みたいな天気なんでしょうね。

    雨といえば、水蒸気。
    水蒸気と言えば雲。
    雲と言えば海から立ち上る水。

    半ば強引なような気もしますが、ここは割愛でおねがいします。

    今ボナパパにはそんな海の恵みが楽しめる料理があります。

    一つはイタリア海鮮料理を代表する「アクアパッツァ」(写真なし;;)
    魚介類(白身魚とか貝類)をトマトやオリーブなどとともに水で煮込んだ料理ですね。
    お店では今真鯛をメインに使ってるのかな?(すんまそん・・・うろ覚えで)

    海のエキスが存分に味わえるのでとても幸せになれます。
    ちなみにこのアクアパッツア、イタリア語で
    【奇妙な(風変わりな)水」あるいは「狂った(暴れる)水】
    っていうんですよ〜

    そしてもひとつの海の恵み料理「ブイヤベース」

    真鯛とハマグリのブイヤベース
    これは元々、フランスの地中海側の地方の代表的な海鮮スープ料理なんです。
    意味としてはフランス語で「煮る」を意味する「Bouille」と「量を減らす」という意味の「Baisse」からきてます。
    イタリアから伝わったという説や、ギリシャを起源とする説など・・・様々。

    アクアパッツアとブイヤベース、ご想像していただいても
    さほどの差はないかと思われますが、実は結構大きな違いがあるんです。

    アクアパッツァは、シンプルに水や白ワインを使ったシンプルな料理。
    ブイヤベースは大鍋で煮込む料理、そしてサフランやハーブを数種。
    なので、出来上がりは濃厚な黄色い色です。
    アクアパッツァが繊細なエキススープだとするならば
    ブイヤベースは鍋料理で作るある種薬膳鍋といったところでしょうか?

    そしてブイヤベースには必ずパンが添えられるのですが、
    この「パン」を最初にスープに浸して食し、その後にお魚や魚介を頂くのが
    基本(らしいのです)

    まぁ、そこはざっくばらんなイタリア料理を提供しているボナパパですから、難しいことは一切気にしてません。
    その人が好きなようにそして一番おいしく食べれればいいじゃないか!
    ってことで、アクアパッツァもブイヤベースも召し上がって見てください。

    口の中いっぱいに広がる海の恵みを存分に感じれることでしょう。

                             かっつん

    関連する記事
    コメント
    アクアッパツァとブイヤベースの違いを知りたくてお邪魔しました
    素敵なブログですね♪
    • しょこ
    • 2015/01/19 1:37 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM